謝罪の手紙

世界情勢がなんだかややこしいことになりつつある最近ですが、サカキバラ事件の犯人が遺族の方にお手紙を出したというニュースを見ました。
そこで思い出したんですがサカキバラ事件ってもう17年も前なんですね。

当時、小学生で神戸ではないものの関西に住んでいた私は事件の次の日から集団登校に大人がついてきたのをよく覚えてます。
お母さんやお父さんに『遠くからでも怪しい人と思ったら絶対に違う道を行きなさい』と言われて、しばらくは友達と夕方まで子どもだけで遊ぶのもダメになりました。

それで犯人が捕まった時に『大人じゃないの!?子供なのにこんなことをするの!?』とびっくりした記憶もあります。
犯人の年齢が親戚のお兄ちゃんくらいだったんですよね。

サロンマジック

春になると何か始めたくなりますね!
習い事でもいいし、趣味でもいいし何でもとにかくやってみたいと思ってしまいます。
心機一転したいなと思ったので、昨日は散髪に行ってきました。
久々にサロン行くから緊張しましたが、髪の毛から春を感じるってことで。

髪色はほとんど変えませんでしたが全体のバランスをちょこっと整えてみました。
髪の毛がだんだん長くなって扱いにくくもなってきてたのでその辺を改善したい気持ちもあって。

新しい髪にすると周りがきれいに見えるようになって、髪の毛のマジックってすごいなって思います。
女の子は美容院に行く前と行った後では雰囲気が違うって言いますが髪の毛のせいだけじゃなくて気持が絶対に違うんだと感じます。

温泉から帰って

温泉から帰ってきたら、現実が私を待ってました!!
溜まった書類、やるべき連絡…案外多かったですね。
だから月曜日はもうてんやわんやの大騒ぎ(1人で)でした…。

金曜日1日しか仕事は溜めてないはずなのになーって思ってたんですが、意外と溜まってましたね。
ていうか、それ以前にやっとくべきことをいくつか後回しにしていたのが響いたようです。

続いて今日はあとちょっと残った書類を片付けて、普段の業務に戻れそうです。
やることが山のようにあるっていうのは今のご時世を考えてみれば嬉しいことなのかもしれませんね。
月曜日火曜日がんばったら、水曜日の夕方にはちょっと豪華なディナーを食べようと思ってるので、あとちょっと頑張ってみます。

温泉なうー

ただいま、温泉です。
とはいっても浸かりながら書いてるわけではないですが、とにかく温泉に来ています。

料理はおいしいし、土産物も買ったし、とはいってもまだ2日目なので明日の夕方までたっぷり遊んでから帰ります。
温泉街って子供のころはそんなに面白く感じなかったんですけど大人になると面白いですね。
あれこれ趣向の凝らされた料理を食べるのもまた一興だし、自分なりにどんどん温泉の楽しさを見つけられてる気がします。

そして従妹の家族と久々に会って語りをするのも楽しみのひとつ。
お酒飲むとどんどん本音が出てきて面白いんですが、友達や彼氏ともまた違う…なんというか特別な存在ですね。
おじさんおばさんは年齢層も違うし、考え方も大人でかっこいい!

皆勤賞リゾート

2月の終わりに温泉に行くことが決まりました。
従妹の家族とうちの家族で温泉に行くんですが、そういえば従妹の家族と出かけるのって久しぶりな気がしますね。

小さいころは私たち子供の夏休みの時期になると海水浴+海辺で1日キャンプっていうのが定番だったんですよね。
普段から従妹に会ってるのになんだかその日は特別な気がして、ちょっとワクワクしたりしてました。
夜になると自然と恋バナが始まったりして、初恋の話から初キスの話まで…奴らは何でも知っている(笑)

高校生くらいになると参加しなくなるかなって個人的には思ってたんですが全然そんなこともなく、みんな皆勤賞ですね。
むしろ今になると親なしで従妹と私、その他兄弟で遊ぶこともあるくらいです。

3連休探し

寝正月で何となく正月を過ごしたあとの1週間ってなかなか大変ですよね。
月曜日から金曜日まで長い道を走ってきたような感覚に襲われる1月最初の1週間が無事に終了しました。
もう一度お正月に戻りたい!ってやっぱり思っちゃいますね。

でも今週は3連休があるのでありがたい限りです。
土日月と休めばまた普段通りの自分に復活できると思うの今後も3連休がいっぱいあったらいいのに…と思ってますが実は2月は3連休がないんですね。

1年の始まりってカレンダーを新しくするからカレンダーの写真とか見るついでに3連休を数えることが多くなったりしませんか?
私、自然と3連休を数えて喜んだりしてるんですが親に面白い練って言われて、不思議な気分になりました。

素晴らしい家の

自分の部屋用のラックを買い直しました。
今使っているのは中学生のときに買ったふるーいものなのでしっかりした、そして今の自分の部屋のイメージに合ったものがずっと欲しかったんですよ。
部屋用のラックってなかなかいいのないなと思ってるうちに10年以上過ぎました(笑)

ラックを買い換えてみると驚くべきことに収納スペースがグッと増えました。
以前より空中(ラックの上)に収納できる部分が増えたのでその分なんだろうと思います。
いい買い物をした!と思ってしまいましたね。

こうやって好きなものをひとつひとつ揃えてやがては理想の家になればいいなーとか思ったり。
というか、理想の家を作るために頑張ろう!という思いがあったりもするのです。
来年も1年いい年にしよう。

この上なく恐ろ

数日前、同僚に『この前の週末ルミネの服屋にいたから話しかけたのに答えてくれなかったよね』と言われたんですが…私、ルミネ行ってないんです、その日は。
両親と一緒にいたので同日同時刻に私がどこにいたかを証言できる状況も揃ってるんです。
ということは…ドッペルゲンガ―?と思ってしまいました。

同僚も『でも絶対にあんただった!』というし、私自身は両親といたし…なんか不思議な体験をしてしまったようです。
他人のそら似で毎日見てる同僚が『絶対!』なんてありえないですよね。

ドッペルゲンガ―って本人が見たら死んじゃうらしいじゃないですか。
だからそれ以来なるべく出かけても人と顔を合わせないようにしつつ自分のドッペルゲンガ―と会っちゃわないように祈ってます。

セルフィー

自分撮りは世界的なブームらしいです。
私もたまにやるけど、しょっちゅうってことはないですね。
ちなみに日本では自分撮りもしくは自撮り、韓国ではセルカ、英語圏ではセルフィーって言うらしいですよ。
セルフィーは今年の流行語なんだとか。

にしても自分撮りって難しいですよね。
鏡で見るような自分どおりにはもちろん映らないし、友達から見る私とも違うそうです。
そうなると…いったいこれは誰なんだ!?って疑問がわいて来たりします。

ただ、自分撮り自体は楽しいし自分を見返す意味でもいいと思います!
ツイッターとかのアイコンを自分にしてる人見ると『ナルシスト』とかって馬鹿にする人いますけどアイコンくらい自由でいいじゃないですかって思いますよー。

おもひでぽろぽ

最近祖母の妹さんの遺品整理をしていたら若いころの祖母の写真が出てきてびっくりしました。
祖母の妹さんは結構前に亡くなってるんですけど遺品整理がなかなか進まなくて、放っておいたら時間が経ってしまったというパターンです。

写真は戦争で燃えちゃったよなんて言っていたのに数枚の写真が残っていて感動しましたね。
とはいっても祖母に聞いてみるといつの写真かは覚えていないようで(ちょっとぼけてきてるので…)、予測するに2人が女学校のころと思います。
白黒写真なんて加工したものじゃなきゃ見ることないので貴重だなぁと思いました。

最近はレトロ加工とか白黒加工とか加工でいろいろすることはあるけどカラーという選択肢のない時代もあったんだなぁ。